こんな機能に喜びの声をいただいています
(機能一部紹介)

  • ホーム > 
  • こんな機能に喜びの声をいただいています(機能一部紹介)

こんなCADがほしかった──お客様本位の製品づくりが評価に結実

こんなCADがほしかった──お客様本位の製品づくりが評価に結実

操作は簡単でも、必要な機能は一切削らない。むしろ、電気設備図面の作成に役立つと思われる自動機能やシンボルはすべて標準で搭載するなど、メリハリのある設計コンセプトが「plusCAD 電気α」では徹底されています。発売以来、多くのお客様からいただく「導入してよかった」「使って良かった」の声は、お客様本位の製品づくりを身上としてきた弊社への評価だと私たちは誇りに思っています。

こんな機能に喜びの声をいただいています。

喜ばれている"基本機能"を見る

  基本機能 内容
1 全般 建築図も配線図も他のCADに比べると操作が簡単。
(操作が簡単JWCADだと操作できる人が限られます)
2 メニュー メニューの表示位置を変更することができます。(ボタンが日本語表記)
3 外部データ SXF/DXF/JWW/DWG/PDF(ベクトルデータのみ)のデータをそのまま読込むことができます。
(P21[SXF]保存と読込・他のCADデーターの互換性・PDFベクターデーターの取り込みが可能)
4 イメージ 照明プランを作る事ができます。(写真の貼り付けも可能です)
5 背景色 画面の背景色を3色から選ぶことができます。
6 要素変更 外部データなども含め、画面上の色や線種が簡単に変更できます。
7 クリップボード転送 図面をExcelに張り付けることができます。
8 ラスターデータ読込 スキャンした図面を読み込むことができます。
9 ラスターデータ補正 スキャンして貼り付けた図面の傾きなどを補正することができます。
10 ラスターデータ編集 スキャンして貼り付けた図面を削除/コピー/移動することができます。
(ラスターデーターの加工。不必要な部分を消すことができます)
11 カーソル マウスポインタの形を3種類から選ぶことができます。
12 ウィンドウ→タイル・カスケード 複数図面を同時に開いて作図や、図面間のコピーや移動ができます。
13 レイヤ分割 レイヤを分けて表示する事ができます。
(ロック機能も搭載=グレーで表示されるが触れない状態)
(コマンドメニューがレイヤーになっている。レイヤーを自動で作成)

喜ばれている"建築機能"を見る

  建築機能 内容
1 コマンドボタン[壁]だけで、壁厚をもった壁の作画ができます。
2 壁/柱/階段/備品など 設計屋さんのような建築図が簡単に書けます。
3 壁/柱/扉・窓 壁と柱や、壁と扉・窓を重ねて書くだけで包絡(不要な線分の処理を)することができます。
(間取りを書いた際に、線と線が自動処理してくれる。
扉・窓を置いた際に、壁が自動消去してくれる。建築図の壁・柱の自動包絡)
4 壁付 壁付機能を使う事で、記号の向きを自動で回転し、壁に引っ付けて配置ができます。
(コンセント壁つけ配置ができます。コンセントを置いた時に文字まで自動回転してくれる)
5 寸法 寸法を簡単に出すことができます。

喜ばれている"電気CAD機能"を見る

  電気機能 内容
1 配線方法変更 配線を書いた後でも配線ルートの変更が可能です。
(plusCADで書いた配線に限られます)
2 配線配管 配線を書くと同時に、特記(配線の種類)の作画も可能です。
(配線のRを自動で取ることができます。陰線処理ができます。一括配線ができます)
3 配線配管 配線を書くだけで、角の丸みをつけることができます。(乗数特記事項の自動作画してくれる)
4 配線配管 配線が重なったら、自動的に重なり部分が切断されます。(配線する時にシンボルとシンボルを選べば、接続点でキレイに繋がるので拡大して確認しなくてもよい)
5 配線配管 配線の種類を細かく設定することができます。(配線を自動切断してくれます)
6 シンボル移動 配線を引いてからでもシンボルの位置変更ができます。
7 シンボル登録 自分で良く使う記号を登録することができます。
8 種別変更 図面を書いた後でも配線の種類が変更できます。
9 建築用語/電気用語 図面表記でよく使われる文字が登録されている。
(自分で登録する事もできます)
10 回路番号 回路番号の番号が自動でカウントされます。
11 申請書 電力申請の書類が登録されています。
12 拾い集計 図面で書いた数量を瞬時に拾い出しができます。
(拾い出しで終点補正まで拾う・余長まで拾う・ボタン一発)
13 補助線 オフセットをとるのに補助線が不要です。
15 照明 照明器具の均等割り付け(据形割り)が可能です。
センター配置が補助線を引かなくてもできます。
16 余長設定 シンボル毎に余長の設定が可能です。
(拾い出しする際に平面図上で計測した後、天井からコンセントまでの配線を吊り下げる長さを足し算しなくてもよい)
(CADから余長も一緒に拾い出すことができます)
17 盤図 盤結線図のひな形が入っています。引込ポール図、図枠、凡例集など便利。

喜ばれている"見積り"機能を見る

  見積り機能 内容
1 レイアウト レイアウトを変更することができます。
2 レイアウト 見積/請求の表紙などに、ロゴを登録する事ができます。
3 総合見積/請求 月ごとなどの総合見積/請求の作成ができます。
4 見積/請求一覧 入金/未入金の管理、一覧表での印刷ができます。
(見積りと請求の管理が別になっているため、請求一覧で未入金管理が一括で行えます)
5 材料マスタ マスタで登録されている材料の数が多い(労務計算ができます)。
6 材料マスタ 歩掛が既に入っているので、そのまま労務費(人件費)が計算できます。(歩掛が入ってくる)
7 材料集計表 上に同じ
8 材料マスタ(メーカー材料) メーカー材料の単価が既に入っています。
(メーカー別照明器具の多さ カタログ材料データーの充実(ミライ・ネグロス))
9 材料データー更新 材料データー更新が無料でできます。(照明器具と換気扇は毎年更新しております)
他の材料については金額が上がった商品のみ更新しています。型番と種類で商品の検索が可能です。
10 単価/原価 拾い集計時に[単価]と[原価]の切替え、もしくは[原価1][原価2][原価3]の切替えで、"単価"と"一灯工事単価"の切替えや取引先ごとの"原価"金額の切替えができます。
11 原価計算書 見積/請求の作成と同時に作成ができ、印刷時に切り替えることができます。
(見積りと原価の同時管理  原価計算書が一件一件取引先に対して現場管理できます為、前回の履歴等見ながら参考にできます)
12 編集→外部挿入→工事項目 別物件で作成した見積/請求を読み込んで再利用することができます。
13 エクセル出力 作成した見積/請求をExcelに保存する事ができます。(見積りエクセル出力)
14 全日複合単価 シリアルさえあればデータが読み込めます。(全日出版社の単価読込)
15 金額無し設定 見積/請求で作成した物を、材料表として使用する事ができます。
(印刷するときの見積りの金額有り、無しを選択可能)
16 金額調整 金額調整が一撃でできます。(電気工事店は材料代の小計を端数処理したり、金額を上乗せしたりしていて、その調整の計算を自分でされているから)
17 補給率 見積りの補給率を簡単設定できます。(施工上必要な配線・配管のたわみ、ロスなどを含んだ予測数量)設計数量にそれぞれの補給率を乗じたもの。
見積り 原価管理

見積り

原価管理

原価管理

経費計算

見積り書サンプル1 見積り書サンプル2

見積り書サンプル1

見積り書サンプル2

喜ばれているその他の機能を見る

全体 項目 内容
1 画面構成 物件管理がしやすい・顧客管理がしやすい・本棚でお客様管理ができます。
2 サポート 遠隔サポートが無料・フリーダイヤルが利用できます。
見積り機能(積算連動機能)

見積り機能(積算連動機能)

これまで作図と見積りは別々の作業でした。しかし「plusCAD 電気α」なら、図面が完成した時点で材料の積算も完了しています。だから見積り作成もワンクリックというお手軽さ。たとえ、どんなに多くの電気シンボルを配置した複雑な図面でも、自動で個数や価格を数えて瞬時に見積りを作成します。

もちろん、今までのように電気材料のカタログと首っ引きで原価を洗い出す必要もありません。メーカーと商品名を選ぶだけで、金額も自動で入力、計算までしてくれます。「できれば手間ひまかけずにサクっと終わらせたい。」作図や見積りに対する現場の本音をカタチにしたのがこの「plusCAD 電気α」です。

「plusCAD 電気α」に搭載の自動作成機能

連動見積書 図面を作成⇒見積書を自動作成
連動請求書 図面・見積書から請求書を自動作成
配線自動切断機能 重なった配線を自動で切断
配線種別自動表記機能 使用した配線の種別を自動表記
自動包絡機能 建築図の壁の接続点を自動で包絡
工数・歩掛自動計算機能 見積り時に自動で計算
金額調整機能 ワンタッチで見積金額を自動で調整
値引調整機能 ワンタッチで値引金額を自動で計算
一棟工事対応 一棟工事の見積書対応
※その他 各種メーカー器具・材料登録済み