西日本のお客様

2016/04/01
とにかくJWCADデータの加工が簡単!作業時間は半分になりました。

とにかくJWCADデータの加工が簡単!作業時間は半分になりました。

山口県 山口市 株式会社 ジェイテック 様

――弊社の商品を導入する前は、どんなことでお悩みでしたか?

 

社長
JWCADの加工が出来なかった事だね。
17年前に電気工事会社を立ち上げて、7年前くらいからJWCADのデーターを貰うようになったんだけど、JWCADデーターの加工が出来なくて大変だったんよ。

手書きで住宅の配線図を書こうとしたら、まず「A3の紙に手書きで骨組みを書いて」、そこから「プラスチックのテンプレートで間取りと窓を書いて」、それを一回コピーかけてシンボルを手で書いて落としてって感じでやっていたんだけど、気がついたらおかしい図面になってたことが多くて困ってたんよ。

建築屋から図面をもらえるときはそれに書くけど、ない時は自分で書くしかないじゃん?
通常は仕事して帰って夕方から図面作業をしだして、図面が終わってからそれから今度は見積りをしなくちゃいけない。

で、段々JWCADデーターをもらうようになってきたんで、JWCADをダウンロードしてやってみようとしたんだけど、JWの基礎知識がないから建築屋から「簡単なA3の図面に照明器具を落としてそれを分電盤から配線経路を変えて送り返してください」と言われても出来なくて仕事にならない。

試行錯誤して手で書いたら30秒で終わるものを1時間くらいかけて悩んでやってたんよね。

で、仕方ないから知り合いに手で下書きしたものを渡して製本してってお願いしてた・・・
ただ、どんなことを繰り返すうちに、これは自分でもこういうのを取り込んでいかんといかんなと思ったんよ。時代がそうなってきていると感じたから。

帰宅して図面書いて見積りが出来上がる頃はいつも23時頃。建築屋に聞きたくても夜中だから聞けないでしょ。
だから3パターンくらい見積りと図面を複数作って翌朝聞いていたんよ。
だから今思えば3倍時間がかかってたんよ。これがCADデーターだったらパッと簡単に作図がすぐできたのにね。

 

――どのようにして弊社商品を知りましたか?

社長
プラスバイプラスの営業担当が飛び込みで来たんよ。
実は導入前に知り合いがJWCADの講習に2年も習いに行ってたんよ。で、聞いたら彼は2年もやったのに全然出来なかったんよね。
それをみて仕事しながらだと絶対無理だと思ったんよ。

CADの営業は他社がよく来てたんだけど「興味ねえから別にいいよ」って断ってた。
ただプラスバイプラスの営業が「せっかくだから1回だけでも見てっ!」ていうから見てやったのね。
そしたらさ、「すげえなーー」って思ったんよ。
JWCADデータの加工が簡単でいいな!と思ったんよ。


――弊社商品を知ってすぐに購入しましたか?

社長
じっくり見て俺でも簡単に使えそうだったことと、どこか近所で入れてるの?って聞いたらまだですって言ったから「よし採用!OK!行こう行こう!」ってことになったんよ(笑)
ちょうどその後結構な金額の建築物件の元請けをやることがあってデーターを消防署とか各署にデーターをJWWで送らないといけないようになってたから実際にplusCADを使って出したんよ。
そしたらバッチシだったんよ!これはいい!完璧!って思ったね。

 

――いろいろな商品がある中で、何が決め手となって弊社商品を購入しましたか?

社長
そりゃズバリ「良いもの」を持って来てくれたからよ。
あと営業担当の人間性とソフトの操作の簡単さだね。営業担当を見て「こいつ売り逃げする奴じゃねえな」と感じたから入れたんだ(笑)


――満足度はどれくらいですか?

社長
俺はまだうまく使いこなせていない部分も多分あるから70点くらいかな。

山中主任 
僕も使い始めて2年弱なんですが、plusCADの多様な機能を多分まだ全部使いこなせていないので50点~70点くらいってことにしておきましょうか。ソフトがダメってことじゃなくて自分自身がまだ分かってないので。

 

――弊社サポートの満足度はどれくらいですか?

社長
それは100点だね。すごいわ。あれには舌を巻くね。
声からすると20代だと思う女性が、まるで水すましのようにスイスイとわかりやすーく、丁寧に親切に教えてくれる。
そしてこっちが知りたいことを汲み取って教えてくれて、1回こっちのPCで触らせてっていうと画面の向こうで「そうですそうです」って言って教えてくれる。
こっちが悪いくらいなのに「ご迷惑をおかけしてすみません」って言って来てくれる。
あの姿勢は素晴らしいね。

 

――弊社のCADシステムを導入した後の状態を教えてください。

社長
俺のやることが半分に減って、社員に仕事を渡すことができて良かったと思ってるよ。
使いだして2カ月足らずで、手書き図面からCADで図面を作成して、相手に渡すことが普通にできるようになったから、作業を分担できるようになったね。
図面も見積りも分担できるので仕事の幅が広がったね。

 

――具体的にどのような業務が時間短縮した成果が出ましたか?

社長
やっぱりデーターのやり取りの時間の効率だね。あと、このplusCADって実は名簿や書類も簡単に作れるんよ!あれもいいね。管理票や工程表なんかを簡単に作れるのでそんな風なことにも使っているよ。


――未来のplusCADユーザーへ一言お願いします。

社長
百聞は一見にしかず!と伝えたいね。まず見て欲しい。
正直、よその会社が導入して稼働率が上がるのは面白くないじゃない。
本当は頭にくるから。どうしようって思ってるだけなら、JWCADで苦労してろっていうのが本音。

でも投資してもいいからどうにかしたいっていう人なら早く使ったほうがいいと思う。
前に仲間がどうしようかって悩むだけだったからそのまま苦労してろって言っといたもんね。

周りの人から見たらソフトを使用している人の本音が知りたい、クチコミが知りたいって思うと思うんよ。だから正直いうねまず一度見ろと。
本当にJWCADで困ってるっていうんだったら入れたらいいよって応援するね。

山中主任
言葉は悪いですが子供でも使えますって感じですかね。ゲーム感覚といいますかそんな感じに出来ますね。